トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 社交ダンスってどうなんでしょう
  

社交ダンスってどうなんでしょう

Ⅰ 健康でありたい
 
  厚生労働省は、健康づくりのための身体活動基準として、3メッツ以上の強度の運動を毎週60分行うことを勧めています。 
  メッツ値とは、国際的に使われている身体活動の強度を示す単位で、安静時を1メッツとした時と比べて何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を表しています。            例えば、 ほどほどの家事  3.5メッツ   
        
    ゴルフ      4.8メッツ   
        
    テニス      7.3メッツ    
       
    水泳(平泳ぎ)  5.3メッツ 
          
   散歩       3.5メッツ   
  
 となっており、社交ダンスは、 ゆったりと踊れば、3.0メッツですが、競技ダンスは、11.3メッツとなり、踊り方によって強度がかなり幅があります。               社交ダンスは、それほど体に負担をかけずに、健康増進のために週2回ほど行えば、健康を維持して生  き生きとした人生を送ることができると考えます。

Ⅱ 海外でのちょっとしたパーティーに呼ばれました  
  海外、特に欧米において、レストランで食事をしたのち、ちょっとしたフロアーでダンスを踊ることが  あります。また、友人の家にディナーに招待され、食事の後でリビングでちょっとダンスを踊るなどということが、ごく普通にあります。 
 そんな時、スマートにパートナーと、又はホストの方ときれいなダンスを踊ったりすると、ぐっと打ち解けて会話も弾むことでしょう。    
 簡単なリズムダンスや、ジルバぐらいを知っていると、様々な音楽に合わせておどることがでいますの  で、グロバール社会の到来に備える一助として、社交ダンスを習っておいても損はないでしょう・

               
Ⅲ ウィーンでのデビュッタントに参加したい
  華やかな社交界へのデビューをするお披露目パーティーで、ウィーンで開催されているのが有名です。
 多くのセレブが集い、美しいドレスを着飾って、さっそうと円舞を舞いましょう。そんな目的からダンスを習いにいらっる方もいます。当教室でウィンナーワルツを練習して渡欧し、デビューを果たし、オーストリアの方と巡り合いご結婚された方もいらっしゃいますよ。